永久脱毛とは

脱毛サロンで永久脱毛できるの?

永久脱毛

永久脱毛(えいきゅうだつもう)は、実は誤解が多い用語です。


脱毛しようとする人は、何となく永久脱毛できたら良いなと思っているひとは多いでしょう。


でも、永久脱毛という言葉の定義を知ると、ちょっと微妙だなということが分かると思います。


永久脱毛という言葉は、アメリカの米国電気脱毛協会(AEA)によって定義されています。その定義とは「脱毛完了後、1ヶ月以内の毛の再生率が20%以下であること」です。


定義上は、完全に、永遠に、ムダ毛が生えないということでは無いのです。えーっ!という声が聞こえてきそうですけれども、本当です。

米国電気脱毛協会(AEA)には日本をはじめ、15か国が加盟していますが、永久脱毛定義はレーザー脱毛が生まれる前の、1958年に定められたものです。そもそも時代の変化を反映していないという問題もありますね。


医師法の規定

医師法の規定

日本の医師法で、レーザー脱毛は、毛乳頭を壊すレベルの強さの光を照射でき、永久脱毛と呼ぶことができると規定されています。


光脱毛は、医師法の規定外となり、毛乳頭にダメージを与えるレベルの光を照射するもので、永久脱毛と呼ぶことはできないと解釈されています。


医師法で言うところの「永久脱毛」も、米国電気脱毛協会(AEA)の定義に準じています。


つまり、「脱毛完了後、1ヶ月以内の毛の再生率が20%以下であること」です。もちろん、レーザー脱毛を採用した医療脱毛は、この定義を十分クリアすることができますので、「永久脱毛」と呼ぶことができます。


その一方で、光脱毛でも、米国電気脱毛協会(AEA)の定義は十分クリアできると考えることができます。脱毛技術も年々進歩していますので、再発率20%のラインをクリアできないとは考えにくいです。


論理的に考えると、光脱毛でも米国電気脱毛協会(AEA)の永久脱毛の定義は十分クリアできると考えられるけれども、医師法の関係で永久脱毛と呼ぶことはできない、と捉えるのが自然ではないかと思われます。

誤解の無いように説明しておくと、医療脱毛が採用するレーザー脱毛の方が、脱毛サロンが採用する光脱毛よりも脱毛効果が高いことは間違いないです。ただ、光脱毛でも必要十分な水準の効果は得られると考えて良いだろうと思われ、だからこそ多くの人に利用されているということですね。


全身脱毛サロン『恋肌(こいはだ)大阪梅田店』について紹介しています。格安料金で全身脱毛したい人は、TOPページから詳細を確認してみてください。脱毛情報なども順次追加しています!