光脱毛の特徴

恋肌(こいはだ)では光脱毛を採用

光脱毛

恋肌(こいはだ)では、脱毛施術方式に光脱毛を採用しています。


光脱毛は、現在主要な脱毛施術方式のなかでも最新のもので、痛みが少なく、施術料金も安いという特徴があります。


光脱毛は、多くの点でレーザー脱毛と特徴が似ています。とても簡単に言うと、レーザー脱毛の低出力版といっても差し支えありません。


光脱毛はレーザー脱毛よりも照射する光のパワーが弱く、医師法の規制を受けません。このため、脱毛サロンの運営コストを下げることができ、安価な施術料金が可能となっています。また、照射する光のパワーが弱いことは、肌への刺激が少ないことにもつながり、痛みも少ないものになっているのです。


光脱毛もレーザー脱毛も、脱毛効果を起こす源は、照射した光の熱です。


照射した光の熱が、ムダ毛の毛根部に伝わり、ムダ毛を生やす機能にダメージを与えることで、脱毛効果を発揮します。重要なのは、照射した光の熱で、ムダ毛の毛根部を直接熱しているわけでは無いということです。


光脱毛もレーザー脱毛も、照射した光の熱が、ムダ毛の黒色のメラニンに吸収され、その熱が毛根部に伝わっていくという、間接的に毛根部を熱することになるのです。


光脱毛の課題

光脱毛の課題

光脱毛のレーザー脱毛も、照射した光の熱で、間接的に毛根部を熱する方法です。このことから、いくつか課題点もでてきます。


一つには、毛根部を熱するためには、そもそもムダ毛が生えている必要があるということです。光脱毛のレーザー脱毛も、脱毛施術が完了するまでには一定の時間がかかりますが、それはこのことが原因となっています。


人間の体毛、つまりムダ毛は毛周期というサイクルにしたがって生え変わっているのですが、このうちムダ毛が目に見える期間を成長期と呼びます。


光脱毛のレーザー脱毛も、成長期にあるムダ毛にしか脱毛効果を発揮することができません。


動物では、夏毛とか冬毛とか、季節によって体毛がいっせいに生え変わるものもありますが、人間の場合は、体毛1本1本がそれぞれの毛周期に従って生え変わっています。このため、光の照射漏れが無くなるまでに、何度も光を照射して、そのとき成長期にあるムダ毛を処理していくという流れになります。


もう一つの課題は、照射した光の熱は、ムダ毛の黒色のメラニンだけでなく、日焼けが酷い場合とか、広範囲に色の濃いあざがあるような場合には、そこにも反応してしまい、熱してしまう可能性があることです。光脱毛やレーザー脱毛を行う時に、日焼け厳禁と言われるのはこのためです。


照射した光が、肌の色の濃い部分にも反応してしまうと、軽いやけどのような症状を起こしてしまいます。


ほくろ程度であれば、ほぼ問題なく脱毛施術を行うことができますが、あざの場合は、脱毛サロンの無料カウンセリング時に確認した方が良いです。


恋肌(こいはだ)などの脱毛サロンは、契約前に必ず無料カウンセリングがあります。この無料カウンセリングを活用して、気になることは何でも確認してしまうことをおすすめします。


全身脱毛サロン『恋肌(こいはだ)大阪梅田店』について紹介しています。格安料金で全身脱毛したい人は、TOPページから詳細を確認してみてください。脱毛情報なども順次追加しています!